banner

交通事故の裁判

交通事故による裁判の種類を考えましょう

まず交通事故と言うと自動車が自転車や歩行者に被害を与えるイメージが有りますが、最近の交通事故はスマートフォンの普及の拡大も有り、路上でのながらスマホが当たり前の様に見かけられますので、自転車もいつ加害者になるか分からない時代になりました。

自転車も立派な車両ですから、もし自転車が加害者になった場合でも当然被害者からは慰謝料の請求が来るケースも有りますし、最悪裁判にまで発展するケースも有ります。
しかし自転車には自動車の様に自賠責保険は有りませんので保険会社が代わりに交渉すると言う事も無く、全て自腹で払わないといけません。

自動車でも被害者の障害の度合いによってはなかなか障害の等級が決まらずに、その影響で慰謝料の金額が決まるまで時間がかかるケースもあり、裁判が長引く事もよく聞かれます。中には後遺症が残り、慰謝料の金額も予想以上の金額になる事も有ります。

基本的には交通事故の裁判は長引く事が多く、被害者も加害者もその間の仕事や生活に大きな支障が出ますので、身体的にも精神的にも疲労困憊の状態になる事も多く、全てが終わる頃には疲れ切っている状態になっています。

最近は以前より自動車のドライバーの高齢化や、スマートフォンの使い方の問題も有りどこに交通事故のきっかけが有るか分からない状態になっています。
そこで警察も以前から自動車のドライバーのマナーの教育には力を入れてきましたが、これからは自転車を運転する人間のマナーの教育にも力を入れていかないと交通事故の減少には繋がらない状況になってきています。

多くの人が交通事故を起こしてから事の重大さを知る人が、多いのでその考え方自体を改めさせる必要がこれからの警察の課題でも有ります。
いざ民事や刑事まで発展するとお金だけではなく身体的にも精神的にも更に時間的にも大きな負担が被害者と加害者本人だけではなく、その家族にも大きな負担がのしかかってきますので出来る事なら交通事故を起こす前にその危険性を十分に認識する事で、負わなくていい負担を免れる事が出来ます。

一方が注意深くしていても、もう一方が注意を怠っていると起きるのが交通事故ですから起きてからは苦労しか待っていませんから、起きる前に起きない努力をする事が道路を使用する者の最低限のルールであり、相手を思いやる気持ちが交通事故を未然に防ぐマナーでもあります。最悪の場合になってからでは遅いので、事前の認識を高める事が絶対不可欠です。

Copyright(c) 2014 交通事故時の弁護士有効活用法All Rights Reserved.