banner

交通事故の平均慰謝料

交通事故の平均慰謝料について

交通事故にあったら自分が負った精神的苦痛は大きいでしょう。その精神的苦痛に対しての金銭のことを慰謝料といいます。これは特に相場はありません。なぜなら自分が負った精神的苦痛に対して支払われるものですので、この苦痛はそれぞれによっても違いがありますので、いくらなのか決まっていないのです。

交通事故に限ったことではありません。かといっていくら請求してもいいかといえばそういうわけではありません。認められる場合もあれば認められない場合もあるのです。自分にとっては多大なる苦痛を強いられたと思っていたとしても、1億円を請求したところで通るはずがありません。

もちろん1億円に値するような精神的苦痛を受けていると自他ともに認めれば支払ってもらえることもあるでしょう。しかし通らないこともありますので、損害保険会社、弁護士会が交通事故による慰謝料の相場額を提示しているので知っておいたほうがいいでしょう。

平均慰謝料の相場ですが損害賠償金額全体を計算しなければいけません。これはそれぞれの交通事故によって計算をするものです。ほぼ平均値といわれる相場、加害者側の保険会社が主張するよう長くは原則自賠責保険基準、任意保険基準で計算を出しています。

自賠責法によって計算をする場合の相場は、1日一律4200円支給される決まりですので、これに治療期間を足して総額を計算します。入院期間と通院期間、そして実通院日数かける二倍、この二つを比べたときに日数が少ないほうを採用して計算しています。

事故で入院を50日間して退院後に通院が100日あった場合、入院と通院で150日、実通院日数で計算すれば180日となりますので、この場合は少ないほうを採用したら150日が採用され、1日当たり4200円ですから計算をすれば63万円という数字が出されます。自賠責法に基づいた場合には相場が63万円となります。

交通事故で自賠責保険は最高120万円までしか出ないので、計算した結果それ以上になった場合は超えた部分は任意保険、または加害者本人に請求することになります。

弁護士会基準の平均慰謝料の相場は入院慰謝料に通院慰謝料を足したものとなります。入院が30日で通院が100日だった場合には、53万円という数字が出てきます。これは入院慰謝料だけの額です。

そして通院慰謝料は慰謝料の重複を防ぐ目的で通院日数から入院日数を引いて計算をしますので、総治療日数130日の場合は1285000円ですが、ここから入院日数に値する慰謝料を差し引いて28万円を引いた1005000円が相場となります。

Copyright(c) 2014 交通事故時の弁護士有効活用法All Rights Reserved.