banner

刑事事件に強い弁護士

交通事故の際は刑事事件に強い弁護士を

交通事故を起こし被害者がけがをした場合、その事故の経緯や相手が受けた損害の度合いによっては、刑事事件として刑事処分を受けることがあります。
交通事故において最も重大な犯罪として、わざと悪質な違反行為を行いかつ被害者を殺害したような場合は、 危険運転者という判断がなされ重罪扱いの危険運転致死が適用されたり、仕事で運転を行っている者の場合は、業務上過失致死罪の成立が考えられます。

もし交通事故を起こしてから2~3ヶ月後に、検察庁から出頭要請があった場合はその交通事故が刑事事件として認定され、刑事処分が科せられる可能性が極めて高くなったと考えられます。
なぜなら検察官が事故の実態を事情聴取し、どの程度の求刑が妥当かを判断するために呼び出されるということだからです。これは検察官が加害者から直接話を聞くことでその後の措置がどうあるべきかを判断することが目的です

検察官からの出頭要請があるとすぐに出頭しないと、逃亡罪などの在籍を問われる可能性がありますので、代理人依頼する暇はほとんどありません。
そのため交通事故を起こした時点で弁護士に依頼し、その交通事故の解決については弁護士に任せてしまうのが一番の方法です。
弁護士に依頼する場合には委任状を作成する必要がありますが、検察官からの出頭要請があったときはそれを作成する暇がなく、かつ出頭要請に応じてしまうとそのまま留置場や拘置所で勾留されるという場合があり、依頼するのも憲法上の権利として不可能ではありませんが、体が自由なうちに行っておくほうが検察に知られたくないことは先に話しておくことができるためです。

代理人に依頼さえすれば、後はその訴訟代理人が警察との対応をおこなってくれます。具体的には勾留の必要性がないことを説明したうえで、勾留を取り消してくれたり、または保釈事由に該当するとして保釈を行うということも考えられます。

それ以外にも交通事故を起こした被疑者は警察からの厳しい取調べにさらされることになりますから、精神的にも肉体的にもつらい状況にさらされますので、その精神的なよりどころとなってくれます。

自由に買い物に行くこともできないので代理人からの差し入れも可能になるでしょう。
交通事故を起こして警察に捕まった場合は、真実を述べなければなりませんが、ときに自分が行った以外の罪も着せられることがあります。不当な取り調べなどはしっかりと代理人に話して、権利の保障を図ってもらいましょう。

Copyright(c) 2014 交通事故時の弁護士有効活用法All Rights Reserved.