banner

物損事故

物損事故など交通事故の損害賠償なら弁護士に依頼!

交通事故の被害に遭ってしまったとき、どんな対処ができるでしょうか?例えば物損事故の被害者になったときであれば、加害者に対して損害賠償を請求することができます。

しかし自分一人で交渉したり示談を行っても、知識や経験の少なさから受け取れる賠償金が少なくなってしまう可能性もあります。
そのような場合には、弁護士に依頼することができます。

ただし、普通の弁護士に依頼するのではありません。特に交通事故に強い弁護人に交渉を依頼することです。弁護人にもいろいろな特色があって、得意不得意な分野があります。

交通事故事案に強い弁護士であれば、損害賠償請求もスムーズに進めていくことができます。実際に弁護人を選ぶときには、まず知識と経験をチェックします。交通事故の賠償に関しては、時に高度で専門的な知識が求められる分野があります。後遺障害等級の認定や過失割合が争点のなる場合がそうです。

こうした場合には医学的な知識と自動車工学における専門知識も欠かせません。それらの専門知識を駆使したうえで交渉することにより、適正な賠償を得ることができるようになります。したがってまず、弁護人選びでは専門知識とその経験をチェックすることです。また経験についていえば、訴訟経験の豊富さも重要なポイントです。
事故によっては裁判で保険会社と争う事態になることもありますが、そのような時、訴訟経験の少ない弁護人では有利な裁定を引きだすことができなくなります。

特に死亡事故においては、弁護人の訴訟経験が求められます。交通事故の賠償請求であらかじめ争点がはっきりしている場合は、はじめからその分野に強い弁護人をピックアップしておくことです。医療についての知識が深い弁護人、自動車工学に強い弁護人、自動車保険に強い弁護人などがいます。あるいはトータルバランスに優れた、どんな分野にも幅広く通じた弁護人もいるかもしれません。

弁護人はどこも同じだと思っていると、いざ依頼して交渉させてみたら失敗に終わるということもありえます。事前によくリサーチして、当該事案の特色にマッチした弁護人を探すようにしましょう。損害保険会社との交渉では、弁護人の経験と知識が問われます。加えてコミュニケーション能力など人間力も求められるため、総合的な資質を見る必要があります。

交通事故で弁護人を選ぶときのポイントは、事故そのものと自動車保険の両方に精通した人物であるかどうかを見ることです。

Copyright(c) 2014 交通事故時の弁護士有効活用法All Rights Reserved.